節税対策?!のカード「ACLEDA」を紹介します!(*´▽`*)

仮想通貨の節税対策?!になると噂のカード「ACLEDA」を紹介します!(*´▽`*)

 

※実際に私は作成しておりません、あくまでも噂の話です。参考程度に!!

 

 

そもそも「ACLEDA」で何なの?…というお話ですが、「ACLEDA」はカンボジアの最大銀行です。(*´▽`*)

 

カンボジアはOECD加盟国(経済協力開発機構)に加盟しておらず金融口座情報の自動交換は無いそうです。

 

 

カンボジアでの預金利率は、非常に高金利なのが特徴です。(*´▽`*)

 

1年の定期預金ドル口座で5%前後の利息が付いているそうです。

日本の普通預金の金利が0.001%と比べると、恐ろしい利率です。(;´・ω・)

 

元金と利息を再び定期預金に預け入れて複利運用すれば、10年で資産を2倍にすることも可能です。

 

 

カンボジアと言えば「アンコールワット」ですね!!(*´▽`*)

 

金利が高い国はたくさんありますが、カンボジアのメリットとしては、日本と租税条約を結んでいないので、租税回避地として利用できる点でしょうか。

 

そうです…節税対策になると言っても過言ではありません!(*´▽`*)

 

 

しかも、カンボジアは金融規制が先進国と比較すると非常に緩いので、外国人(日本人も)でもパスポートだけで銀行口座が開設ができちゃいます。

 

特に魅力的なのが、高金利のドル預金です。(*´▽`*)

 

 

外国人(日本人も含めて)の口座開設は年々厳しくなる傾向にあり、開設条件は銀行によって違います。

 

カンボジアは銀行業界全体で足並みをそろえるといった所までにはなっておらず、最大手の「ACLEDA」での口座開設はオイシイ話かと思います!(*´▽`*)

 

 

ところで…そもそもカンボジアは安心なのか!?という疑問もありますよね!(;´・ω・)

 

カンボジアは「米ドル」が主に使われているため、通貨自体が二束三文になってしまう恐れは少ないと言えます。

 

 

ただし…仮想通貨の出金には使われておらす、フィアット通貨のみの対応になります。(;´・ω・)

 

100万円以上の資金を運用できる、いわば富裕層向けのカードとなるようです。(;´・ω・)

 

 

仮想通貨の利益の出口戦略の一つとして活用できそうなカードではありますが、カード作成には現地にて本人確認も必要なので、どちらかと言えば非現実的なカードかも知れません。(;´・ω・)

 

出口戦略としてもっと面白いモノがありますので、節税対策に興味ある方は、LINE@に登録頂き、直接メッセージを頂ければ紹介致します!!(*´▽`*)

 

 

LINE@登録で、オイシイ情報をイチ早くお届け!

「仮想通貨」は情報の信頼性とスピードが命です!

オイシイ情報をいち早くお届けします!

「登録方法」など分からない!と言う質問にも親身になってお答えします。

友達登録お願いします!(*^▽^*)

友だち追加

LINE ID : @gzf4827c

(ジー・ゼット・エフ・ヨン・ハチ・ニ・ナナ・シー)

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ