​ 仮想通貨のトラブル&事件簿(;´・ω・)

本日は仮想通貨に関わるダーティなお話を。(;´・ω・)

 

仮想通貨元年と呼ばれる2017年もいよいよ残すところ1カ月を切りました。

1年で10倍以上にも膨らんだ市場ですが、嬉しいニュースの裏には影も色々と存在しました。

 

そんな「影の部分」のお話を…。

 

 

仮想通貨が生んだ最初の大ニュースと言えば、当然ご存知の「マウントゴックス事件」でしょう。

 

MtGox(マウント・ゴックス)のマルク・カルプレス社長は「ハッキングされて盗まれた」と自身の関与を否定していましたが、警視庁は横領の疑いで逮捕したという事件です。(;´・ω・)

 

この事件を機に、「ビットコイン」の名前が世間に売れるきっかけともなりましたが、逆に「ビットコインは危ない」と言うイメージも焼き付いてしまった事件です。

 

 

2017年の前半には、高利回りを謳うポンジスキームを使った詐欺も横行しました。

 

中でも有名なのが「D9CLUB」や「sener(セナー)」です。

 

特にD9はネットビジネス出身の有名な大物がが薦めていたこともあり、かなりの人数が投資金を投入していたとされています。

 

投資当初の話とはまるで違い、実際には配当も止まり、出金不能な状態が続き、遂には被害弁護団まで結成されています。

 

 

その他にも、「不正資金洗浄(マネー・ロンダリング)」「違法薬物売買の資金」「身代金要求」「架空請求」などの事件も、日に日に多様化して頻繁に起こっております。

 

ビットコインだけではなく、仮想通貨「リップル」の取引をめぐり、顧客から現金をだまし取ったとして、詐欺の疑いで逮捕された「リップルトレードジャパン」竹中優樹容疑者(31)の事件も記憶に新しいかと。

 

この事件で、すっかり「リップル」が悪者のような勘違いをする人も居たとか…。(;´・ω・)

 

 

中でも極めつけは…ビットコインがきっかけで強盗殺人に発展してしまった「ビットコイン殺人事件」ですね。(;´・ω・)

 

名古屋市西区のパート従業員野田みゆきさん(53)が6月中旬から所在不明となり、知人で岐阜県大垣市笠木町、作業員西田市也容疑者(20)と、滋賀県愛荘町のアルバイト少年(18)が死体遺棄容疑で逮捕された事件です。

 

「ビットコイン」に関する投資事業がきっかけで知り合ったのが、大きな事件に発展してしまいました。

 

 

最近では、仮想通貨の価値を知る人が増えつつあり、「大量保有」している人を狙う事件も増加してきています。

 

いくら儲けたからと言っても、あまり周囲の人には大きな声で言わない方が良いのかも知れません。

 

命を狙われる物騒な事件まで起こっているので、自身の身を守る為にも、適切なウォレットで管理を行った上、あちこちであまり公言しないようにしましょう。(;´・ω・)

 

儲かったら自慢したくなるのが人間のサガですが、命よりも大切なものはありませんので!!

 

 

LINE@登録で、オイシイ情報をイチ早くお届け!

「仮想通貨」は情報の信頼性とスピードが命です!

オイシイ情報をいち早くお届けします!

「登録方法」など分からない!と言う質問にも親身になってお答えします。

友達登録お願いします!(*^▽^*)

友だち追加

LINE ID : @gzf4827c

(ジー・ゼット・エフ・ヨン・ハチ・ニ・ナナ・シー)

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ