国内取引所未曽有のピンチ?!コインチェック危機!!(;´・ω・)

本日…仮想通貨市場では、知らない人が居ないほどの大ニュースが出ました。(;´・ω・)

 

日本の代表的な取引所の1つ 【コインチェック】が大規模なハッキングを受けたようです。

 

資金が凍結されたまま動かないような状況にあるようですが、今後この問題はどのようになっていくのでしょうか?!( ̄▽ ̄;)

 

『昨夜に5億NEMがハッキングされた!!』

『NEMだけでなく、XRPもハッキングされた!!』

『犯人は中国系のハッカーだ!!』等々…

 

有名なSNSでもいろんな話が飛び交っており、真実はさっぱりわかりません。(;・∀・)

 

とうのコインチェック側も真相を表に出さないので、噂が噂を呼び、混乱した状態が続いています。(;´・ω・)

 

 

コインチェックと言えば、チャートが使いやすく、売買が簡単なので人気のある取引所の1つとして有名ですが、実は正規の仮想通貨取引所ではありません。(;´・ω・)

 

仮想通貨交換業者登録一覧

 

未だに正式な認可の無い『みなし業者』…悪い言い方をすれば『闇業者』と同じ扱いです。(;´・ω・)

 

TVコマーシャルまでしているので、正規の取引所と勘違いしてしまいそうですが、『非正規業者』の分類になります。( ̄▽ ̄;)

 

 

そんなコインチェックさん…昨年、不都合な取引を、時間軸を戻して無効にしたことが記憶にありますね。( ̄▽ ̄;)

 

実は今回のハッキングに関しても、もしかすると時間軸を戻す可能性が出てきております。(;・∀・)

 

どういう事?!と思われますが、かつてハッキング被害を受けて分裂をした【イーサリアム】と【イーサリアムクラシック】の分裂パターンになるかも知れません。(;・∀・)

※憶測ですけれど

 

 

時間軸を引き戻せば、被害に遭った推定5億NEMは無かったことにできる!!

これで万々歳!!(*^▽^*)

 

…なんて簡単には、問屋が卸しません。(# ゚Д゚)

 

当然ながら、怖い怖い【お上】が黙っているはずもありません。(;・∀・)

 

ただでさえ認可の無い業者が、何度も市場で騒ぎを起こし、利用者を危険に晒しているのですから、大きな指導が入るのは免れないかと。( ̄▽ ̄;)

 

 

『兄さん知らないんだ!!』では済まされない問題になることは必然的ですね。

 

この一件のあと、認可が取れないとなると、最悪は【倒産】の可能性が出てきます。

いつまでもみなし業者を野放しにするほど、金融庁は甘くはありませんから。(;・∀・)

 

さらに今回の5億NEMが負債になった場合、コインチェックを利用してお金を預けている人の資産は守られるのでしょうか?!(;・∀・)

 

もしかすると…最悪のシナリオも覚悟せざるを得ません。( ̄▽ ̄;)

 

今回の件に限らず、国内海外通して取引所は常にハッキングの対象として高いリスクがあります。

 

通常の売買に便利なので、つい取引所に大金を置いてしまいがちですが、大切な資金は自己管理が原則です。

きちんとしたウォレットに入れて管理しましょう。

 

WEB系ウォレットの場合は定期的にパスワードの変更、そして2段階認証は必須です。

可能であればハードウォレットの利用もしましょう。

 

あとの結果は、神のみぞ知る…。

祈るしかないですね。(;・∀・)

 

※因みに私も若干ながらコインチェックに資金がある状態なので、他人ごとではありませんが。

 

LINE@登録で、オイシイ情報をイチ早くお届け!

「仮想通貨」は情報の信頼性とスピードが命です!

オイシイ情報をいち早くお届けします!【裏情報】等も!

「登録方法」など分からない!と言う質問にも親身になってお答えします。

友達登録お願いします!(*^▽^*)

友だち追加

LINE ID : @gzf4827c

(ジー・ゼット・エフ・ヨン・ハチ・ニ・ナナ・シー)

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ