​ リップルが目指す【ILP(インターレジャープロトコル)】ってなんだ?!(;´・ω・)

リップルが目指す【ILP(インターレジャープロトコル)】とは如何なるものでしょうか??(;´・ω・)

 

その仕組みを簡単に解説したいと思います!(*´▽`*)

 

 

世界には銀行などの金融機関がたくさんありますが、管理している台帳がそれぞれ異なる為に、送金や受金を異なる銀行同士で行う場合、それぞれの台帳を処理する必要があります。( ̄▽ ̄;)

 

簡単に言えば、システムが違うので、2重の手間がかかるのです。

 

そんな送金システムを、情報共有し合い、複数の台帳間の決済を可能にする技術のことを「Inter Ledger Protocol(インターレジャープロトコル)」と言います。(*´▽`*)

 

 

【ILP】は、リップル社が進める国際送金プロジェクトの根幹をなすシステムで、「インターレジャー」という複数の台帳間の決済を可能にする技術を繋ぎ合わせたシステム(プロトコル)です。

 

異なる銀行同士のシステムであっても、スピーディ・安全・低コストで送受金の処理を行う事ができると言う素晴らしいシステムです。(*´▽`*)

 

分かりやすく言うと、「ビットコインが記録されているブロックチェーン」と「日本円が記録されている銀行口座システム」はそれぞれ規格が異なります。

 

このように、全く規格の異なる台帳同士でスムーズに送金が行えることを可能にするのです。(*^▽^*)

 

 

【ILP】はそもそも、リップル社によって提唱されたものです。

しかし、「オープンソース」のプロジェクトで、誰でも応用してプロダクトに使うことが可能です。(≧▽≦)

 

「W3C(World Wide Web Consortium)」という非営利団体により、「ILPを使った価値」の標準化が進められています。

 

 

【ILP】が今後、接続を目指しているネットワークが下記になります。

 

・ブロックチェーンネットワーク
・銀行ネットワーク
・Paypalなどのネットやモバイル支払いネットワーク
・クレジットカードなどのポイントといったネットワーク
・ブロックチェーンネットワーク
・ビットコインやライトコインなどのブロックチェーンネットワーク

 

これらのシステムが【ILP】によって接続されると、仮想通貨同士だけではなく、世界の現金や金融商品を瞬時に交換することが出来ます。(*^▽^*)

 

さらに仮想通貨で言えば、「BTCブロックチェーン」→「取引所」→「LTCブロックチェーン」が取引所を介さずとも交換が可能になります!!(*´▽`*)

 

取引所を経由しないので、当然ハッキング等のセキュリティ問題が解消されます!

 

 

【ILP】は既にタイのKrungsri銀行で採用されており、これから世界的にも使用する銀行や金融関連業者が増えていくと思われます。(*^▽^*)

 

また、今後の大きな期待として「W3C」が「Google」「Apple」「Microsoft」「Mozilla」「Facebook」と共同で、仮想通貨の支払いに対応した【ブラウザAPI】を開発しているそうです!!(*´▽`*)

 

 

今後期待の持てる【ILP】ではありますが、よく勘違いされている方もいらっしゃいます。

 

リップル社の【ILP】と、【XRP】は別物です。(;´・ω・)

 

【ILP】に【XRP】が使われるかは、全くの「別問題」なんです。( ̄▽ ̄;)

 

国際送金の事例に、【XRP】が使われる場面が解説が用いられますが、【XRP】は送金が早いうえ手数料も安い等の利点があるものの、あくまでもリップル社が保有していると言う点の価値とも言えます。(・_・;)

 

とは言え、送金システムが確立されていけば、共に価値の上がると思われますので、楽しみな通貨ですね!(*´▽`*)

 

 

LINE@登録で、オイシイ情報をイチ早くお届け!

「仮想通貨」は情報の信頼性とスピードが命です!

オイシイ情報をいち早くお届けします!【裏情報】等も!

「登録方法」など分からない!と言う質問にも親身になってお答えします。

友達登録お願いします!(*^▽^*)

友だち追加

LINE ID : @gzf4827c

(ジー・ゼット・エフ・ヨン・ハチ・ニ・ナナ・シー)

 

 

【アフィリエイト塾 塾生募集中!!】

アフィリエイトで稼ぎたい方は、ご応募下さい!

無料で塾を行っています!!

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ