意外に知らない火災保険の真実!!の追記と紹介方法!(*´▽`*)

以前「火災保険申請サポート」のお話をさせて頂きましたが、どうも「怪しいビジネス?!」だと誤解されている方も多いので、追加記事を作成しました!(*´▽`*)

 

と同時に、実はこの「サポート申請事業」は紹介制度(報酬あり)がありますので案内します!!((≧▽≦)

 

 

そもそも「火災保険申請サポート」とは、火事以外に利用できる火災保険の申請を行ってくれるシステムです。

 

専門の建築士が実際の建物を調査し、「風水害特約」に該当する「老朽化所」や「災害箇所」を入念に調べてくれます。

 

火事以外にも保険金はおりるのですが、それを知らないがために、保険金を払っているだけ…の保険金から、正当なお金を頂くという業務です。(*^▽^*)

 

 

↓↓↓申請サポートのHPはこちら

火災保険申請サポート

 

※このホームページは、私個人が作成したものです。(*^▽^*)

実際の調査は、専門の調査会社のプロが来てくれてます。

 

建物の悪いところを診断して、保険会社から保険金がおりるように見積もりを作成してくれます。

 

 

そして無事に保険金がおりると、「申請サポート」の利用料金として、おりた保険金の40%を手数料として支払うことになります。

 

保険金がおりない限りは、一切の費用は発生しませんので、「申請サポート」を依頼してもお金がかかる心配はありません!(*^▽^*)

 

 

 

しかし…保険金の40%も手数料として取られてしまうと、肝心の修理が出来ないのでは???( ̄▽ ̄;)

と思われるかも知れません。

 

 

ここからは「裏話」になりますが、建築工事と言うのは「材料費」と「人件費」と「諸経費」を合わせた見積もりになります。

 

利用する材料の定価が1万円だったとしても、実際には割引があって、6割や7割で工事が行われています。

 

保険の見積もりは、そのような材料の値段をできるだけ定価に近付け、更に工事の日数や人件費も多めに算出します。

 

その結果、40%の手数料を支払っても、ちゃんと修理は出来る事になります!(*^▽^*)

 

 

 

見積作成者と保険屋さんの査定人とのこの見積もりの折衝こそ、このサポートの肝であり、プロならではの技が問われる結果(保険金)となります。(≧▽≦)

 

当然ですが、素人が詳細な見積もりを作成したり、査定人との折衝はほぼ無理ですよね!(;^ω^)

「餅は餅屋」、プロに任せて出来るだけ多くの保険金を請求してもらいましょう!!!(*^▽^*)

 

 

また、この「火災保険申請サポート」は、紹介者制度があり、頂ける手数料は保険金の2%と少ないのですが、紹介者の2段階下まで報酬が得られる仕組みなのです!!(*^▽^*)

 

火災保険も家もないけど、紹介は出来るぞ!!という方は、私の方まで問い合わせ下さい。

サポート事業の代理店申請も可能です!!(*^▽^*)

 

 

前の記事にも記載しましたが、火災保険はほとんど有効的に利用されておらず、保険屋さんが丸々儲かるシステムなのです。( ̄▽ ̄;)

 

火災保険は利用しても保険金が上がらず、知っている人だけが上手に活用することができます。

当然ですが、100%合法です!!(*^▽^*)

 

そして、頂いた保険金の使い道は自由!!

修理に使ってもOK!そのままポケットに…もOK!(*^▽^*)

 

 

世の中には知られていない「おかしな仕組み」がたくさんあります。

火災保険もその一つです。

 

掛け捨てで利用するのではなく、有効的に火災保険を利用しましょう。(*^▽^*)

 

利用できる?利用できない?と言った内容もありますので、申請後に書面審査をしてもらえば、調査もスムーズです!!

 

↓↓↓申請サポート申し込みはコチラ

火災保険申請サポート

 

 

 




 

 

LINE@登録で、オイシイ情報をイチ早くお届け!

「仮想通貨」は情報の信頼性とスピードが命です!

オイシイ情報をいち早くお届けします!【裏情報】等も!

「登録方法」など分からない!と言う質問にも親身になってお答えします。

友達登録お願いします!(*^▽^*)

友だち追加

LINE ID : @gzf4827c

(ジー・ゼット・エフ・ヨン・ハチ・ニ・ナナ・シー)

 

【アフィリエイト塾 塾生募集中!!】

アフィリエイトで稼ぎたい方は、ご応募下さい!

無料で塾を行っています!!

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ