加熱する「ブロックチェーン学校合戦」のアメリカ!!日本は??(⌒-⌒; )

今年「2018年」は歴史に残る「仮想通貨教育の年」になるかも知れないですね!(*^▽^*)

 

「仮想通貨」自体が市場に浸透しつつあるのか?すっかり名前を知らない人は減りました。

 

とは言え、まだまだ仮想通貨自体を所有する人口は少ないですね…特に日本は。(;^ω^)

 

しかしアメリカでは、「仮想通貨」を真剣に学ぶ「ブロックチェーン学校」が激戦化しております!!!(*´▽`*)

 

 

アメリカはさすが資本主義の最高峰とも言うべき国、「競争力獲得」に向けてすでに「仮想通貨」を学ぶべき学校が日に日に激戦化しております。(;^ω^)

 

高等教育機関が、次々と「仮想通貨教育」を開始しており、その最新事例として、アメリカでトップクラスのビジネススクールが、「仮想通貨」の講義を設置するようです。(*´▽`*)

 

しかも驚くのは、生徒側からの要望に応えての講義設置だそうです!(*^▽^*)

 

 

スタンフォード大学経営大学院は、2018年5月から、フルタイムで行う「仮想通貨コース」を新設するそうです。(*^▽^*)

 

また、「キャリア向け」にはMBAの生徒らの活動により、仮想通貨という新しい概念の知識が必須だという主張によって実現されました。

 

 

職場でブロックチェーンを取り扱わなくてはならない人も増えているようで、キチンと教えてもらうのが一番だとのこと。

 

単発的な授業ではなく、完全なフルタイムでの仮想通貨講座の開設を要望したそうです。(*´▽`*)

 

実際にこの仮想通貨講義には多くの応募が集まり、現在の需要の大きさが垣間見えたそうです。

 

この探求心と、学ぶことへの意欲はさすがアメリカですね!!(;^ω^)

 

 

ペンシルベニア大学のウォートンスクールも、2018年秋から「仮想通貨の講義」を新設するそうです。

 

「仮想通貨」「ブロックチェーン」においては、今は逃せない機会が到来しています。

 

近い未来にこの技術はビジネスでも大きな転換が訪れるとも言われています。(*´▽`*)

 

アメリカ国内において5年後は、「仮想通貨講座」を提供していないビジネススクールはもしかすると存在しないかも?!(;^ω^)

 

 

実際に「仮想通貨の講義」を望んでいるのは生徒のみではなく、一般からも問い合わせが多いようです。

 

ウォール街やコンサルティングファームの採用担当者からの電話も多いとのこと。

 

世界規模のプロジェクトが競争力を獲得するためには、ますます「仮想通貨」「ブロックチェーン」をを知る人材の育成が必要ですね。(*^▽^*)

 

アメリカの金融中枢に位置する大学も、生徒の要望に応じ「仮想通貨講座」を開始しているようで、今後益々過熱して行くかも知れません。(≧▽≦)

 

 

世界的にもブロックチェーン技術者は少ないですし、日本では数十名しか有能な技術者は居ないとも言われています。

 

先端の技術を学べる場があるというのは、本当に将来を見据えても心強いですよね!!

に加えて、学びたいに人には有難い環境です。(*^▽^*)

 

日本もアメリカのように、良い技術をシッカリと学べる環境が欲しいですね!(;^ω^)

 

 

 




 

 

LINE@登録で、オイシイ情報をイチ早くお届け!

「仮想通貨」は情報の信頼性とスピードが命です!

オイシイ情報をいち早くお届けします!【裏情報】等も!

「登録方法」など分からない!と言う質問にも親身になってお答えします。

友達登録お願いします!(*^▽^*)

友だち追加

LINE ID : @gzf4827c

(ジー・ゼット・エフ・ヨン・ハチ・ニ・ナナ・シー)

 

 

【アフィリエイト塾 塾生募集中!!】

アフィリエイトで稼ぎたい方は、ご応募下さい!

無料で塾を行っています!!

 

【火災保険申請サポート】

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ