遂にアノ重鎮まで動き出したようですね!(;^ω^)

日本の仮想通貨業界に、遂に「アノ重鎮」が参入してくるのかも?!(;^ω^)

 

意外と言えば意外ですが、まあ確かに最近の動向をみていると、納得もできますね。

 

更に業界は群雄割拠…弱いところは淘汰されていくのでしょうか?!( ̄▽ ̄;)

 

 

「あの重鎮」とは…大手証券会社の「大和証券」です。

 

遂にベールを脱いで、仮想通貨業界に参入してくる気配がタップリです!!!(;^ω^)

 

産経新聞の記事になりますが、大和証券グループが仮想通貨業界への参入に意欲を示しているそうです。

 

中田誠司社長はインタビューの中で、「仮想通貨を決済インフラなどとして育てるビジネス機会があれば、参入を検討する!」と言う強い意向を示したようです。

 

 

「法整備など環境が整えば、有用性の高いプラットフォームになる可能性が十分ある」との考えを述べ、環境整備のためには、大手企業の参入が必要との認識を示しています。

 

ますます大手の参入により、古参の小さな取引所は今後窮地に立たされる可能性もありますね。( ̄▽ ̄;)

 

因みに「大和証券」は、金融庁に仮想通貨交換業登録をしているマネーパートナーズの筆頭株主です!

持株比率はなんと17.86%!!

 

 

大和証券だけにとどまらず、大手金融企業では「野村ホールディングス」も仮想通貨に対して意欲を露わにしてきています。

 

以前から色々と話題になっている「SBIホールディングス」は、今年の夏にも仮想通貨取引所を開始する計画を出しており、一気に大手の証券会社による熾烈な争いの場と化しそうです。(;^ω^)

 

仮想通貨の国内投資家数はおよそ360万人と言われており、コインチェックを買収したマネックスグループのような大手起業による参入が今後続くと、業界自体は活性化すると思われます!(*´▽`*)

 

当然ですが、サービス合戦も期待できるかも知れません!

 

 

大和証券の参入時期はまだ未定ですが、そんなに遠い先の話ではないでしょう。

 

また、コインチェックの事例もあるので、今後は大手企業による取引所のM&Aも繰り広げられてくるのでは???と個人的には感じております。

 

何にせよ、市場に大手企業が参入することは、活性化の意味では喜ばしいものです!

 

早く1BTC=1000万円を、理想ではなく「現実」として欲しいですね!!(*´▽`*)

 

 

 




 

 

LINE@登録で、オイシイ情報をイチ早くお届け!

「仮想通貨」は情報の信頼性とスピードが命です!

オイシイ情報をいち早くお届けします!【裏情報】等も!

「登録方法」など分からない!と言う質問にも親身になってお答えします。

友達登録お願いします!(*^▽^*)

友だち追加

LINE ID : @gzf4827c

(ジー・ゼット・エフ・ヨン・ハチ・ニ・ナナ・シー)

 

 

【アフィリエイト塾 塾生募集中!!】

アフィリエイトで稼ぎたい方は、ご応募下さい!

無料で塾を行っています!!

 

【火災保険申請サポート】

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ