「仮想通貨」がテーマのハリウッド映画が!さらに仮想通貨最大の謎「〇〇」がいよいよ明らかに?!(⌒▽⌒)

なんとハリウッド映画に、「仮想通貨」をテーマにした作品が製作されるそうです!(⌒▽⌒)

 

中身は「マネロンに焦点を当てたサスペンス」との事ですが、仮想通貨マニアなら、ちょっと見てみたいですよね!(*^◯^*)

 

 

『クリプト』と言う名前の映画だそうですが、仮想通貨によるマネーロンダリングに焦点を当てた作品で、主役はアメリカで人気のTVシリーズに出演した俳優が登場するそうです!

 

この映画の簡単な内容は、ニューヨーク北部を舞台にして、マネーロンダリングを捜査する捜査官が、小さな町で不正と汚職のネットワークを暴く様子を描く作品です。(*^◯^*)

 

 

仮想通貨業界は今までにも、『ライズ&ライズ オブ ビットコイン』や、キックスターターで資金を集めた『Bitcoin: The End of Money As We Know It』といったドキュメンターリー映画という形で描写されてきました。

 

しかし、今回のようなサスペンスはまた違った視点で面白そうですね!(*^◯^*)

 

 

【仮想通貨のサスペンス】と言えば、「最大の謎」とも言われるビットコインの産みの親「ナカモト・サトシ氏」の存在です。

 

実はその「サトシ・ナカモト」の正体を、CIAが知っているとのニュースが出ました!ヽ(´▽`)/

 

 

CIAはビットコイン作成者であると言われる「サトシ・ナカモト」の正体に関する情報について、否定も肯定もしなかったそうです。

 

肯定はともかくとして、否定をしないと言うことは…。(⌒▽⌒)

 

因みに「CIA」とは…

「中央情報局」と呼ばれ、外国での諜報活動を行うアメリカ合衆国の情報機関です。

中央情報局長官によって統括され、アメリカ合衆国大統領直属の監督下にあるすごい組織です。

 

 

「サトシ・ナカモト」に関する情報で、FBIからの一切の返答はないものの、CIAからは「グローマー拒否」と呼ばれる返答があったということです。

 

これは、請求された情報の存在を「否定も肯定もしない(NCND)」というもの。

 

おそらく情報を掴んでいると言っても間違いではないかも知れません。(・_・;

 

ビットコインが2008年に誕生して以来の最大の謎とも言うべき、「サトシ・ナカモト」の正体。

数多くのメディアが、正体を明らかにしようと試みてきたものの、結論には至っていません。

 

 

色々な人物が「もしかするとコイツか?」と取り上げられましたが、どうも違うようです。

しかしさすがCIA!(⌒▽⌒)

 

いよいよ謎の人物の正体が明かされる日は遠くないのかも知れませんね!!(^◇^;)

 

 




 

 

LINE@登録で、オイシイ情報をイチ早くお届け!

「仮想通貨」は情報の信頼性とスピードが命です!

オイシイ情報をいち早くお届けします!【裏情報】等も!

「登録方法」など分からない!と言う質問にも親身になってお答えします。

友達登録お願いします!(*^▽^*)

友だち追加

LINE ID : @gzf4827c

(ジー・ゼット・エフ・ヨン・ハチ・ニ・ナナ・シー)

 

 

【アフィリエイト塾 塾生募集中!!】

アフィリエイトで稼ぎたい方は、ご応募下さい!

無料で塾を行っています!!

 

【火災保険申請サポート】

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ