期待高まる【仮想通貨業界】の今後の活性化!その理由とは?!(*^◯^*)

現在、ちょっと元気のない「仮想通貨相場」ですが、長期による市場全体の流れとしては期待感は日に日に高まりつつあります!(*^◯^*)

 

と言うのも、今後の大きな流れの1つとして、大手ベンチャーキャピタルからの更なる「資金流入」があると予測されるからです!ヽ(´▽`)/

 

 

従来のベンチャーキャピタルは、「スタートアップ」や「新興企業の株」をメインとした「投資活動」でした。

 

ところが、昨年くらいから【仮想通貨】に注目しており、法的面、経済的な面から「投資の適性」のリサーチに注力してきているようです。(*^◯^*)

 

積極的なベンチャーキャピタルは、すでに独自の仮想通貨ファンドを設立するなどの動きが見られ、アメリカのベンチャーキャピタルだけでなく、日本のベンチャーキャピタルの多くも同じように「ブロックチェーン事業」への興味を示しています。(⌒▽⌒)

 

すでに「ユナイテッド」「ジャフコ」といった日本を代表するベンチャーキャピタルが、先陣を切って積極的な事業投資を進めています。ヽ(´▽`)/

 

 

仮想通貨相場における最大の魅力と言えば、「激しいボラリティリティ」ですが、その差益を利用した短期的な収益を目的としているわけではありません。(⌒-⌒; )

 

実際にベンチャーキャピタルが注目しているのは「ブロックチェーン技術」であり、「仮想通貨・ブロックチェーン事業」への投資参入が主体となっています。

 

 

日本ベンチャーキャピタルの投資戦略

 

「メルカリ」「gumi」「メタップス」などに上場に向けたITスタートアップへの投資を行った【ユナイテッド】は、仮想通貨事業への参入に向けて「コイネージ株式会社」と言う子会社を昨年10月に設立しています。(⌒▽⌒)

 

また「ジャフコ」は、過去に「テックビューロ」「QUOINE」といった日本発の仮想通貨取引所への投資を行っています。(*^◯^*)

 

多くの「IT系」「金融系」の企業が【仮想通貨事業】への参入を狙っているので、今年は更にベンチャーキャピタルによる莫大な資金流入があると言われています。ヽ(´▽`)/

 

 

更に面白いニュースとして、イーサリアムの共同創業者であるCharles Hoskinson氏は、Twitter上でこのようなコメントを出しました。(*^◯^*)

 

「ウォールストリートが数十兆ドル(数千兆円)の資金を仮想通貨に投じるだろう」と!

 

 

因みに「数十兆ドル」は、米国株式市場に匹敵する規模です。(⌒-⌒; )

 

現在の「仮想通貨市場」の時価総額は、約2750億ドル(約30兆円)で、「本当になるのか?」と言うほどすごい差です。(^◇^;)

 

 

先ほどの大手ベンチャーキャピタルだけではなく、ウォールストリートの機関投資家も「仮想通貨市場」への参入機会を狙っています。(*^◯^*)

 

アメリカの大手取引所の【Coinbase】、ゴールドマンサックス傘下のFintechスタートアップCircleなどの動きも注目されており、更に【NASDAQ】が4月に仮想通貨取引所「Gemini」と提携し、独自の仮想通貨取引プラットフォーム開設も匂わせる発言をしています。ヽ(´▽`)/

 

 

大きな資金が「仮想通貨市場」へと向いていることから、今後の長期目線で相場が上昇していくのは明確であると言えるでしょう!ヽ(´▽`)/

 

益々「仮想通貨・ブロックチェーン事業」が後押しされ、仮想通貨市場全体も活性化されることに期待しましょうね!!(*^◯^*)

 

 




 

 

LINE@登録で、オイシイ情報をイチ早くお届け!

「仮想通貨」は情報の信頼性とスピードが命です!

オイシイ情報をいち早くお届けします!【裏情報】等も!

「登録方法」など分からない!と言う質問にも親身になってお答えします。

友達登録お願いします!(*^▽^*)

友だち追加

LINE ID : @gzf4827c

(ジー・ゼット・エフ・ヨン・ハチ・ニ・ナナ・シー)

 

 

【アフィリエイト塾 塾生募集中!!】

アフィリエイトで稼ぎたい方は、ご応募下さい!

無料で塾を行っています!!

 

【火災保険申請サポート】

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ