遂に「仮想通貨」が無くなる可能性が出てきました!(ーー;)

 

と言っても、影も形も無くなるわけではありません。(;゚ェ゚;)

 

金融庁が12月14日に「仮想通貨交換業等に関する研究会」の第11回会合の報告書案において出した内容で、「仮想通貨」という呼称を「暗号資産」へ変更すると記述するそうです。

 

つまり…「仮想通貨」事態は無くなりませんが、「仮想通貨と言う言葉」は無くなる可能性が出てきました!

 

「ふーん、なんだそんなことか!!」

と安心は出来ません!!(゚◇゚;)

 

 

「仮想通貨」は【バーチャル・カレンシー(Virtual Currency)】の日本語訳で、日本国内においては名前が広く一般的に使用されてきました。

 

しかし、「G20会議」など国際的な場では、【クリプト・アセット(「暗号資産」、Crypto Asset)】という表現が用いられつつあります。

 

 

ここで最も大事なことは、「通貨」ではなく「資産」であると言う表現の違いです。

 

「通貨」という呼称は、日本円やドルなどの【法定通貨】を差し、「通貨」と誤解される恐れがあるため、金融庁の報告書案においては日本でもこの国際基準に統一して呼称を「暗号資産」に変更するとしています。

 

 

今までは「新しい時代の通貨」「通貨革命」とも言われてきた「仮想通貨」が、「お金」ではなく「資産」として扱われると言う意味です。

 

つまり、「通貨」としては認めない!と言っているのです。(ーー;)

 

「有価証券」や「不動産」と言った、一種の【金融商品の一つ】としての扱いとも言えるでしょう。

 

今回の呼称変更も含めた仮想通貨規制に関する法改正案は、早ければ来年の通常国会に提出される見込みで、「仮想通貨」が未来の「法定通貨」には成り得ない!と言う厳しい現実を叩きつけられたのかも知れません。

 

 

相場価格も急激に落ち込んでいる現状、そしてここで今回の発表。(ーー;)

 

「通貨」としての資格消失とも言える事実は、「仮想通貨」の価値を今後投資家がどう捉えて行くのでしょうか?

 

年末から年度末にかけて更に「利益確定」の売りも予想されるだけに、保有者にとっては【忍耐の時期】になるかも知れませんね。(ノω;`)

 

 




 

 

LINE@登録で、オイシイ情報をイチ早くお届け!

「お金儲け」は情報の信頼性とスピードが命です!

オイシイ情報をいち早くお届けします!【裏情報】等も!

「登録方法」など分からない!と言う質問にも親身になってお答えします。

友達登録お願いします!(*^▽^*)

友だち追加

LINE ID : @gzf4827c

(ジー・ゼット・エフ・ヨン・ハチ・ニ・ナナ・シー)

 

 

【健康】【節約】【副収入】を得る方法!