リーマンショック以降、世界中で「富の格差」が広がりました。(ーー;)

これから先、「富の格差」はさらに広がるとも言われており、未来はどうなるのでしょうか?

 

2020年代に入ると「富の格差」はさらに広がり、先進国では新下流層という新しい階級が生まれると予想されています。(;゚д゚)

 

 

 

著名な経済学者は、「21世紀の社会では世の中の仕事は頭脳労働とマックジョブに二極化する」と言うコメントを出しています。( ゚д゚ ;)

 

「マックジョブ」というのは英語圏で言われる「マニュアルだけをこなしていればできる仕事」のことを指します。

かつての経済学者の多くは、ICTによってさまざまな仕事がマックジョブ化する未来になると予測していました。(ーー;)

 

「マックジョブ」は、日本で言えば非正規労働者の仕事とほぼ同等です。

非正規労働者の仕事は、職場に投入されて数週間で覚えられて戦力化できる仕事です。(艸゚Д゚ll)

 

 

ICTの進歩によって多くの仕事がマニュアル化・システム化されることで、21世紀に入って先進国の仕事の多くはマックジョブ化されていきました。

 

マックジョブ化は、給料レベルが下がる上、頭脳労働者との間に大きな富の格差を生み出しました。(;゚∀゚)

 

ところが、2010年代に入って新たな前提条件が生まれました。

それは、「AI(人工知能)」の出現です。

 

「AI(人工知能)」の歴史は古いのですが、2012年に誕生した新しいタイプの「AI」は人間よりも賢く専門領域の頭脳労働をこなせるレベルへと進化を始めました。∑(´゚д゚`;)

 

 

AIにより自動運転技術等の技術も実用化されつつありますが、さらに近い将来は弁護士や会計士といったナレッジワーカーの仕事すらも、「AI」がこなす未来がやってくるでしょう。(;゚ェ゚;)

 

2030年ごろまでにはそのような時代がやってくると予測されています。

 

「頭脳労働」と「マックジョブ」に仕事は二極化すると言われてきましたが、上の層までAIの台頭によって消滅すると予想されています。<(ll゚◇゚ll)>

 

 

自動運転車が出現して無人の車で仕事がこなせる時代が来れば、長距離トラックの運転手やタクシーの運転手は失業してしまいます。(ll゚д゚ll)

 

ざっと日本全体で123万人規模の失業者があふれ、大きな社会不安と大問題が起きます。

AIがいくら発達しても、政府がすんなり容認する事はないでしょう。

 

 

長距離トラックのドライバーという専門職の仕事が、給与の低いマックジョブに変わってしまう可能性があります。

 

「頭脳労働」や「熟練労働」はどんどん淘汰されて、世の中はマックジョブ化していくでしょう。(;゚Д゚;)

 

つまり、非正規社員の仕事ばかりが増えることになります。

 

世界全体を見た場合、現在の「中流」という階級が消滅すると言われています。

USドルにして年収3万5000ドル以上、日本円にして世帯年収400万円弱以上の家庭を「中流」と仮定すると、多くの日本人がその水準にとどまることができません。(艸゚Д゚ll)

 

 

世帯年収「180万円程度」の新下流層と呼ばれる人々が世界中で増加する可能性があります。

 

今後の世界は、新下流層が激増する時代だと予想されています。(`д´;)

 

現在、専門的な知識・経験を有して高所得を得ている人ほど、今後のAIによる経済ギャップに苦しめられるかも知れません。(ーー;)

 

 

現在でも「貯蓄が厳しい!」と言う声は後を絶えませんが、今後の未来を見据えていく場合は、しのぎを削ってでも貯蓄をしていくのが理想と言えます。

 

備えあれば憂いなし!!

 

「投資」「積立」「貯蓄」は今後の大きな生活の基盤になると思います。

 

 

LINE@登録で、オイシイ情報をイチ早くお届け!

「お金儲け」は情報の信頼性とスピードが命です!

オイシイ情報をいち早くお届けします!【裏情報】等も!

「登録方法」など分からない!と言う質問にも親身になってお答えします。

友達登録お願いします!(*^▽^*)

友だち追加

LINE ID : @gzf4827c

(ジー・ゼット・エフ・ヨン・ハチ・ニ・ナナ・シー)